IT協会について

会長挨拶

ITを有力な手段として戦略的に活用し業績向上を目指すことは、現代の経営を考える上で不可欠な要件となっております。しかしわが国産業界における企業情報化の現状をみますと、未だに部分最適の段階を踏破できず、「情報の共有化」や「経営の可視化」さらには「顧客との連携」などを含めた、企業とそれを取り巻くステークホルダー全体の最適化を目指した段階に到達すべく更なる努力が求められております。

公益社団法人企業情報化協会では、「IT活用による経営革新の推進機関」として、わが国産業界の発展に寄与してまいりました。小会では今後とも時代のニーズに対応したテーマの選択と活動の拡大を図り、産業界および企業の健全なる情報化促進に邁進いたします。 皆様のご指導とご支援をよろしくお願い申しあげます。

会長 小縣 方樹
公益社団法人 企業情報化協会
会長 小縣 方樹

協会概要

名称 公益社団法人企業情報化協会(IT協会)
英文名:Japan Institute of Information Technology
目的 企業の情報化に関する調査研究及び開発を行い、その成果の普及並びに実施を促進することにより、わが国の社会・経済及び産業の健全な発展に寄与することを目的としています。
設立 1981年7月
会員数
  • 公益社団法人企業情報化協会正会員:162社
  • 公益社団法人企業情報化協会準会員(カスタマーサポート部門):42社

※2020年度末時点

所在地 〒105-0011
東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル3階MAP
電話番号 03-3434-6677
ファックス番号 03-3459-1704

事業案内

事業目的 企業の情報化に関する調査研究および開発を行い、その成果の普及ならびに実施を促進することにより、わが国の社会・経済および産業の健全な発展に寄与することを目的としています。
事業内容
  1. 企業の情報化に関する研究および開発
  2. 企業の情報化に関する普及、研修および指導
  3. 企業の情報化に関する内外の情報・資料の調査、収集、分析および提供
  4. 企業の情報化に関する内外諸機関との交流
  5. 前項に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な事業

ITマネジメント推進活動

コンタクトセンター推進活動

BPM推進プロジェクト

表彰制度
IT賞
カスタマーサポート表彰制度
情報発信活動
  • IT戦略総合大会
  • テーマ別シンポジウム
  • IT協会Digital Days
カスタマーサポート
シンポジウム
BPMフォーラム
交流促進活動
  • 会員交流会
  • 各種会員向けコンテンツ提供
調査研究会活動
  • テーマ別/階層別研究会
  • 海外調査団
  • 受託型コンサルティング
  • セミナー