第4回情報セキュリティシンポジウム

会 期 2018年3月15日(木) 9:30~17:00
会 場 東京プリンスホテル 東京都港区芝公園3‐3‐1
参加対象 ・情報システム部門責任者
・情報システム機能子会社責任者
・経営企画部門責任者
・マーケティング部門のご担当者・責任者
・ITベンダー企業のご担当者・責任者
主 催 IT協会(公益社団法人企業情報化協会)
後 援 独立行政法人情報処理推進機構、一般財団法人日本情報経済社会推進協会、一般社団法人情報サービス産業協会、
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会、株式会社インプレスビジネスメディア (以上申請予定)
協 賛 NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTデータ、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社、
KPMGコンサルティング株式会社、株式会社ZenmuTech、株式会社ソリトンシステムズ、
デロイトトーマツリスクサービス株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、株式会社ブロード、
富士通株式会社、マカフィー株式会社

シンポジウム プログラム

9:30 〜
9:35

開会挨拶

公益社団法人企業情報化協会



会長
宇治 則孝 (元日本電信電話株式会社 代表取締役副社長) 宇治 則孝

9:35 ~
10:15

基調講演

内閣官房サイバーセキュリティセンター(NISC) 企業経営の視点から捉えるわが国のサイバーセキュリティ政策




内閣審議官
三角 育生 三角 育生

10:25 ~
11:05
KPMGコンサルティング株式会社 狙われる重要インフラ事業者、
いま求められるサイバーリスクマネジメント

小川 真毅

サイバーセキュリティアドバイザリー
ディレクター
CISSP CISA CISM CBCI PMP
小川 真毅

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 サイバーセキュリティ経営の最初の一歩
~デジタル時代に必要なセキュリティの「見える化」~

渡部 惣

コンサルティング事業開発室
上級コンサルタント
渡部 惣

11:15 ~
11:55
株式会社ソリトンシステムズ もう一度『サイバー犯罪』を俯瞰し
『対策投資』を考える

長谷部 泰幸



ITセキュリティ事業部 執行役員
長谷部 泰幸

日本ヒューレット・パッカード株式会社 「社内ネットワークの入り口から多層防御を考える
~ネットワークによるデバイスのマイクロセグメンテーション~」

岡崎 修二


Aruba事業統括本部
Security Solution
Business Development Manager
岡崎 修二

13:00 ~
13:40
デロイトトーマツ リスクサービス株式会社 「Red + Blue = Purple
〜サイバーリスク対策の実行性確保に向けた
Red Team、そしてPurple Team Operations~」

野見山 雅史



パートナー
野見山 雅史

株式会社NTTデータ IoT時代におけるサイバーセキュリティ設計の進め方
13:50 ~
14:30
株式会社ZenmuTech 「データの無意味化」によるデータ保護と個体認証で、
ID/PWと守りのセキュリティが不要な世界を実現

田口 善一

代表取締役社長
田口 善一

株式会社ブロード エンドポイントを100%守り、CSIRTの負担を70%軽減
( Bromiumは発売以来7年間、一度も侵入無し)
セキュリティの既成概念を変えるべく日本初登場

小出 和希


第二セキュリティ事業部 マネージャー
小出 和希

14:40 ~
15:20
マカフィー株式会社 移り変わる脅威と次世代エンタープライズ
セキュリティにおけるエンドポイント対策の重要性

櫻井 秀光
セールスエンジニアリング本部
本部長
櫻井 秀光

NTTコミュニケーションズ株式会社 「経営視点から考えるサイバーセキュリティ
~リスクアセスメントとCSIRT~」

川端 誠
経営企画部
マネージドセキュリティサービス推進室
担当課長
川端 誠

15:30 ~
16:10
富士通株式会社 意思決定につながる
サイバーセキュリティの観測と対処の準備

鈴木 智良
サイバーセキュリティ事業戦略本部
GMSS開発統括部
GMSSオファリング企画部
鈴木 智良

日本電気株式会社 IoT時代のサイバーセキュリティ経営
~情報システム・製品・工場のセキュリティ対策~

吉府 研治
サイバーセキュリティ戦略本部
シニアエキスパート
吉府 研治

16:20 ~
17:00

基調講演

サイバーセキュリティ対策に向けた取り組み




株式会社三井住友フィナンシャルグループ
取締役執行役専務 グループCIO
谷崎 勝教 谷崎 勝教

※敬称略。プログラム内容は変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。プログラムテーマは一部仮題を含みます。

参加申込

無料!! ※要事前予約
  • 下記参加申込フォームボタンよりお申し込みください。 折り返し、メールにて参加証をお送りいたします。
  • 定員200名に達し次第、締め切らせていただきます。